学校法人 こうま幼稚園

こうま幼稚園の保育の特長

保護者の送迎による徒歩通園を大切に。

徒歩通園  毎日、親と手をつないで通園することは、そのものが画一的な教育からは得られない、活きた交通ルールの学習です。 幼稚園の行き帰りの楽しい親と子の会話。 子どもの日々の様子を、担任の先生と保護者が、その場で語り合えることも、徒歩通園だからこそ出来ることです。 ご家庭と幼稚園との密接な連携で、子どもたちの成長を見守る・・・・・・。 こうま幼稚園が、徒歩通園を大切にしている理由はそこにあります。

 

昼食は給食ではなく、お弁当です。

お弁当  お弁当を作ってあげられるのは、この時期だけです。 子どもの喜ぶ顔を思い浮かべながら、お母さんが作ってくれる、愛情あふれるお弁当は、親と子の愛情のキャッチボールに他なりません。 思いやりのある、やさしい子どもに育ってほしいとのお母さんの願いは、しっかりと子どもたちの心に伝わって行くのです。 お母さんの工夫で偏食をなくすことだって出来るのです。

 

ベテランの男性保育者が在籍して・・・・・・。

男性保育士  最近では、他園でも見かけるようになった男性保育者ですが、こうま幼稚園では、開園当初から男性保育者の重要性に着目。 現在もベテランの体育専門の男性職員が在籍して、毎日の保育の中で、子どもたちの体力づくりに励んでいます。