•  
  • 園について
  • ごあいさつ
  • 教育目標・教育方針
  • 園の特長

ごあいさつ

ひとりひとりの顔が違うように、
それぞれに独立した個性と能力を持つ子どもたち。
その豊かな才能の芽を摘むことなく大切に伸ばし育てること。

こうま幼稚園は、創立以来
遊びを通して、自ら考え自ら学ぶ
自立した子どもの育成に力を注いできました。

自由な発想や創意工夫する力は
与えるだけの一方通行の保育からは育たないと考えるからです。
友だちや先生との触れあいを通して自ら伸びる力を育てる!
[知育教材]で作り上げる促成栽培のような知識優先の保育ではなく
ひとりひとりの育ちを大切に見守り
伸ばす保育を実践していきたいと願っています。

自分を見守ってくれるやさしい先生がいて
こころの通い合う楽しいお友だちがいて

子どもたちにとって大切な保育環境とは
先生と子どもたちがともに響き合い、育ち合う[こころの環境]とでも言うべきもの!
こうま幼稚園は、そんな環境をこそ大切なものと考えています。

 

学校法人高麗学園 こうま幼稚園
園長 高麗正夫

教育目標・教育方針

教育目標

  • じょうぶな
    子ども

    自主自立の芽生えを培う

  • 仲良くできる
    子ども

    社会性の芽生えを培う

  • 美しいものが
    わかる子ども

    豊かな感性の芽生えを培う

教育方針

  • 学校教育法に基づいて教育目標の達成に努める。
  • 幼児の遊びを重視した園生活の中で、人として生きる基本的な人間性を育む。
  • ひとりひとりの幼児理解を重視し、教師との信頼関係を深めていく。
  • 家庭との連携を密にし、地域性を考え、教師と共にその成長に努める。
  • 自然観察園(農園)を設け、土に触れ作物の成長過程と収穫の喜びを知ることで自然の大切さを肌で感じる
  • 体操教室を設け、専門の教師による幼児期の正常な心身の発育に特に力を注ぐ。

園の特長

手をつないで徒歩通園

毎日、親と手をつないで通園することは、そのものが画一的な教育からは得られない、活きた交通ルールの学習です。
幼稚園の行き帰りの楽しい親と子の会話。
子どもの日々の様子を、担任の先生と保護者が、その場で語り合えることも、徒歩通園だからこそ出来ることです。
ご家庭と幼稚園との密接な連携で、子どもたちの成長を見守る。
こうま幼稚園が、徒歩通園を大切にしている理由はそこにあります。

愛情のこもった手作りお弁当

お弁当を作ってあげられるのは、この時期だけです。
子どもの喜ぶ顔を思い浮かべながら、お母さんが作ってくれる、愛情あふれるお弁当は、親と子の愛情のキャッチボールに他なりません。
思いやりのある、やさしい子どもに育ってほしいとのお母さんの願いは、しっかりと子どもたちの心に伝わっていくのです。
お母さんの工夫で偏食をなくすことだって出来るのです。

毎日の保育の中で体力づくり

最近では、他園でも見かけるようになった男性保育者ですが、こうま幼稚園では、開園当初から男性保育者の重要性に着目。
現在もベテランの体育専門の男性職員が在籍して、毎日の保育の中で、子どもたちの体力づくりに励んでいます。

こうま幼稚園の農園

こうま幼稚園は農園を所有していて、年間を通し季節にあった収穫を味わうことが出来ます。収穫する野菜は、収穫順にじゃがいも、さつまいも、大根の3種類です。幼稚園から歩いて行ける距離にあり、作物の成長過程も観られ、子ども達にとって身近にある環境です。土や自然に触れ、親子でも収穫の喜びを味わえます。